水道の配管から漏れてくるときの修理と予防

水道の配管は、さまざまなところに使われています。スムーズに水が通ることが条件として使われていますが、水漏れを起こすと大きなトラブルになる部分です。普段見かけるものではないため、早急に修理を考えなければいけません。

■老朽化した配管は交換しかない

水道の配管から水漏れを起こす原因はいろいろとあります。確実に原因となっていくのが老朽化です。社会的な問題でニュースになることありますが、水道配管が老朽化し、突然水が噴き上げる事故があります。この理由は配管の老朽化であり、内部の圧力に対して耐えられなくなった結果吹き上がるように漏れだした例です。
老朽化は見た目でわからないことも出てきます。内部の状態が重要なのであって、外から見ただけではわかりません。状況によっては、かなり大規模な修理も必要なケースで、総交換しなければいけないこともあります。致命的な状況になる前に、修理が必要です。

■汚れもトラブルの元

老朽化の加速にもつながりますが、配管内の汚れも大きな原因です。給水管ではあまりありませんが、排水管では使い方によって配管を侵食してしまい、トラブルを引き起こす場合があります。詰まってしまうのも同じ理由で、そのままでは使うことができません。詰まったものは何か、その理由によっては、配管ごと交換することも出てきます。
台所の排水管などでは、定期的に洗浄剤を使うだけでも汚れの対策ができます。バスルームの髪の毛なども解かせるものがあるため、定期的に使うことが予防策です。あまり頻繁におこなう必要はありませんが、配管を守るためには必要な対処といえます。

■まとめ
配管のダメージは、見た目でわからないことが問題です。はっきりとダメージが蓄積しているとわかれば対処はできますが、内部は専門業者のカメラなどでなければわかりません。心配なときには、検査してみるといいでしょう。トラブルが起きてからでは、大きな損害を出すからです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ