水道の修理には元栓を閉める

水道の修理は、水を止めてからおこなうのが鉄則です。安全性を確保するためにも、被害を抑えるためにも必要なことですが、そのためには止水栓や元栓を閉めなければいけません。一般的な知識として知っておきましょう。

■止水栓を閉める

家庭内に水を供給しているのは、ライフラインのひとつになる水道設備です。トラブルが起きたときに修理をしなければいけませんが、その際には各設備ごとに取り付けられている止水栓を閉めます。止水栓は水道管に取り付けられているため、水の供給を遮断し、これ以上流れなくすることができます。閉めた後であれば、修理も安全にできます。
一般的にはどの設備にも止水栓が取り付けられていますが、確認できなかったり、閉めることができなかったりする場合は要注意です。家庭に水を供給している大元になる元栓を閉めますが、普段からどこにあるのか、確認しておかなければいけません。


■大元になる元栓

水道の設備は、公共の水道設備として利用するため、メーターが取り付けられています。屋外に設置されていますが、ふたが取り付けられていることが多く、わかりやすく作られているのが特徴です。
メーターの隣に設置されているのが元栓です。元栓は、家庭内に供給する水道の大元の部分であり、閉めればすべての水の供給が止まります。水道の修理をする場合や、止水栓が見つからないときでも元栓を閉めると有効です。一般的に、特別な工具は必要なく、手で閉められる形状になっています。すぐに対応できることから、トラブルが起きたら元栓を閉めることも大事な方法の一つです。

■まとめ
水を供給するための水道管に対して、元栓は大事な役割を持っています。何か問題があったときには、すぐに対応できるよう、場所の確認は必要です。一度開けてみると、どんな状態になっているのかもわかります。トラブルが起きていないときに、どこにあるのか、手で回るのか確認しておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ