水道設備としてお湯を作り出す給湯器のの修理

お湯が使える毎日を過ごせるのは、給湯器があるからです。給湯器は水を温める装置で、とても便利ですが、故障しやすい部分も持っています。こまめに点検も必要ですが、重大な事故になる場合もあるため、異変が起きたときには修理が必要です。

■ゴムの劣化で水漏れを起こす

水道管を接続して使う給湯器は、お湯を作り出すためにガスや電気を利用します。複雑な設備であり、各部品の耐久性など注目しなければいけない点がいくつもある機械です。よく確認しなければいけないのが、内部で使われているゴムの劣化です。ゴムは年数を重ねるごとに、もともと持っている弾力性が無くなっていきます。部品にも密着できなくなり、隙間が生まれることが給湯器の内部でも起こり、水漏れする原因を作り出します。
交換すれば済みますが、本体を分解しなければいけません。経年劣化が原因の場合には他の場所でも劣化が進むため、同時に複数の交換が必要なこともあります。

■金属部品の劣化と修理

給湯器には、金属部品も多く使われています。トラブルの多くはゴムの劣化が問題ですが、金属管の中に汚れがたまり、うまく流れないこともあります。錆で破損することもあります。給湯器の内部に使われている金属部品が汚れや錆で破損した場合には、水道業者に修理や交換を依頼しましょう。
配管によって水道がつながっていますし、お湯も送り出さなければいけない機械です。細かに点検しておかなければ、修理に手間がかかることも珍しくありません。どうしても目につかない場所に設置される給湯器ですので、定期的にメンテナンスをしてもらうといいでしょう。

■まとめ
給湯器は、水からお湯を作って送り出す機械です。温度変化もあり、圧力もかかるのが故障の原因にもなります。使用頻度も高いため、専門業者に点検してもらうことも必要ですし、トラブルを未然に防ぐために、寿命がくる前に新しいものと交換することも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ