水道修理に大切な止水栓からの漏水

水道が漏水してくる状況は、できるだけ早めに対処しなければいけません。水漏れは、使ってもいない水を浪費することになります。その中でも大きな問題になりやすいのは、水道からの流れを止めるための止水栓からの漏水で、対応についても考えなければいけません。

■水を止めるための止水栓から漏水

止水栓は、設備に対して水の供給量をコントロールするための大事な機能を持っています。問題が起きたときには、止水栓を閉めることで、水の供給を絶ち、安全に作業をすることができます。この止水栓も配管に対する接続部品であり、内部に水漏れを防ぐためのパッキンが使われています。
パッキンが劣化すれば、蛇口などと同様に水漏れを起こす部分です。常時圧力を受け止めている部品となるため、定期的に点検しなければいけません。水の流れた跡などを見つけたときには、修理を検討したほうがいいでしょう。


■交換は簡単ではない

止水栓は、簡単に修理ができない部分です。パッキンの交換も簡単にできそうでできません。止水栓を閉めても効果がないため、元栓を閉めてから作業をおこないます。問題は、配管を解体しなければいけない点です。パイプレンチなどを使ってまわしますが、一般の家庭にはこうした工具はないでしょう。購入してまでおこなうよりは、専門業者に修理してもらう方が確実です。
止水栓の場合には、固着して回らないといったこともトラブルとなります。漏水しているときだけではなく、普段からどこにあるか、状態はどうかといったことを、意識して確認しておくことが必要です。

■まとめ
水回りの設備として、止水栓は大事な役割を持っています。他のところから漏水したときでも、止水栓を閉めれば一時的に水の供給を止められるからです。機能として大切な止水栓も、普段から使うものでもありません。いざというときに使えるかどうか判断しておくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ